町田市で安く葬儀をあげようと思ったら

ここ数年で町田市の葬儀の形式にも大きく変化が表れています。高齢化、少子化社会が進むにつれ、亡くなる方は増えるものの後継ぎを担う世代の減少がみられ、以前は多くの方が行ってきた一般葬に代わって家族葬を選択する方の割合が増加してきています。家族葬とはお通夜と告別式を行い、そこに出席するのは家族と親族や少数の故人の友人といった形式のものです。家族葬では参列者の人数が限られますので、会場の広さや香典返しの数を抑えられるため、一般葬に比べて費用は低くすることができます。また、お通夜と告別式を行わずに火葬のみの直葬という方法もあり、費用面ではこの形式が最も抑えられるでしょう。高齢で亡くなった場合、葬儀に出席する親族や友人がそれほどいないケースなど、このようなスタイルを選択する方々もいます。

葬儀を執り行うのに最適な場所とは

一昔前までは葬儀を行う場所は自宅や自治体の会館を使用することが多くありましたが、都市部ではマンション住まいや自宅に十分なスペースが確保できないなどの理由から、葬儀場の利用が増えています。葬儀社に任せれば、葬儀場の手配から一連のサポートをしてもらうことができますので、突然の不幸で対応しきれないことが多い中で、葬儀社にお任せできるというのは大きなメリットでしょう。町田市には多くの葬儀場があり、その特徴も様々です。規模や費用に合わせたコーディネートはもちろんのこと、宗教や宗派に合わせた形式を選ぶこともできます。突然のことに戸惑う遺族の相談に乗ったり、マナーや葬儀後の手続きなどあらゆるサポートをしていますので、ご自分に合った葬儀社を探しましょう。最近では自らの葬儀を生前にプランニングされる方も多く、人生の最後を悔いなく閉じるために事前に検討しておくという方法もあります。

町田市で葬儀を行うメリットとは

町田市では葬儀場の設置や管理運営について定めた要綱を制定しています。これらの要綱では駐車場の確保や、隣接する道路の幅員、葬儀場の外観や景観について定めていて、葬儀への出席者や周辺住民への一定の配慮を図っています。また、国や自治体で葬儀や葬儀に関する費用を補助する制度があり、町田市でも条件によって申請することができますので、気になる方は市に問合せをしてみるのもいいでしょう。お通夜と告別式を執り行う場合、会場へは数日の行き来が必要になりますので、喪主の自宅や故人宅から近い場所である方が移動の負担が少ないでしょう。また、葬儀と火葬を同一箇所で行える斎場などでは、火葬場への移動がありませんので、高齢者の多い場合はとても便利です。ただ、選択可能な火葬場はいくつかありますので、周辺の葬儀場と合わせて考えてみるのもいいでしょう。